VBAと日々のこぼれ話

  1. VBA

【VBA】QRコードを作成したい

ExcelでQRコードを作りたい

個人的に面白そうだからという興味で考えたコードです。

Googleが提供しているWebAPI「Google Chart API」を利用する方法もありますが、

このAPIは非推奨(2019年現在)になっており将来、提供が停止される可能性があるので今回はWebAPIを利用しない方法を採用しました。

【スポンサーリンク】



サンプルコード

前提事項
コードを利用するソフトは、Office2013以降かつ、
Accessがインストールされていること(Microsoft Access BarCode Control 14.0以上利用)

【スポンサーリンク】



ポイント

参照設定「Microsoft Access BarCode Control 14.0」

ライブラリ「Microsoft Access BarCode Control XX.X」の「XX.X」が「14.0」以上の参照設定が必要です。

これは「14.0」からQRコードのスタイルが追加されたためです。

また、名前からも主にAccessで利用されることを想定したライブラリだと分かるように、Accessがインストールされていないと使えません。

仕事用はともかく、プライベートPCでAccessがインストールされているものは少ないかなぁ。

プロパティ「Validation」の誤り訂正レベルとは

QRコードは、コードが汚損または破損していてもコード自身でデータを復元する機能を持っています。

この機能が、上記に記載している誤り訂正レベルであり、このレベルは全4段階用意されている。

今回設定した「2:誤り訂正レベルQ」は上から二番目にレベルが高いです。

常に高いレベルのものを設定すれば良いような気がしますがレベルが高いとそれだけコードサイズが大きくなるので、

QRコードの使用箇所によってレベル判断を行う必要があります。

【スポンサーリンク】



おまけ

上記サンプルコードで実行結果した結果です。

さぁさぁ読み込んでみてください。

私のブログ(このブログ)とTwitterのURLへアクセスできますよーーー(笑)

【スポンサーリンク】



VBAの最近記事

  1. 【VBA】(VBAを始めたばかりの人が陥りがちな落とし穴) Excelシートの最終行を取得…

  2. 【VBA】QRコードを作成したい

  3. 【VBA】CSVを1行ずつ処理したい

  4. Excelシートの最終行を取得したい その1

  5. 【VBA】未だに苦手としていること

関連記事

【スポンサーリンク】




PAGE TOP